ひげ&ひげ剃りの基礎知識

ひげ剃りについて知る

男性の身だしなみとして、『ひげ剃り』は欠かせないものですひげ剃りといっても、人それぞれひげの濃さが違いますし、またひげを剃る回数・時間も異なってきます。最近ではファッションの為にひげを伸ばしたいと思っている高校生も多いようです。

ですが高校生くらいではまだひげが薄い人が多く、ひげが濃くなりたいと願っている人も多いようです。ひげは早い人では高校の終わり頃や20歳くらいから徐々に濃くなってきますが、濃くなるにしたがって、カミソリやシェーバーなど使う道具も変わってくるようです。

一昔前のT字カミソリやシェーバーというのは、皮膚に負担がかかりやすく皮膚が弱い人は血だらけになったり、痛みが伴ったりするものが多かったようです。ですが最近のT字カミソリやシェーバーというのはメーカーが様々な改良を加えてきた事により、皮膚を傷つけず、痛みもなく深剃りもできる商品がでています。

ひげ剃りにはヒゲを濡らさないで剃るドライシェービングや、濡らしてヒゲを柔らかくして剃るウェットシェービングなどもあり、それぞれメリットやデメリットがありますので、自分にあった方法を探してみるといいです。最近はひげ剃りによる肌荒れが少なくなってきたとはいえ、剃り方や皮膚の状態によっては血を出してしまう事やガサガサになってしまう事もあります。

そうなる前にしっかりとした肌荒れ対策も必要となります。肌荒れ対策には剃った後にクリームをつけるというだけでなく、シェービングクリームをつけたりヒゲを柔らかくしたりしてから剃るという事も肌荒れを事前に防ぐことができます。また剃り方もひげの流れを見極めて逆剃りや深剃りをしないという事や、切れなくなったカミソリやシェーバーは使わないなどの対処も必要です。

またひげに関しては、剃ると濃くなる、青くなる、禿げている人はひげが濃くなるというような噂もあります。こういった噂には本当の事や、根拠のない噂というのもありますので、しっかりとした知識をもって間違いのないひげ剃りをしていくことが大切になります。

面倒なひげ剃りを無くすためには、脱毛エステや脱毛器の購入がお得。脱毛器 口コミサイトへGO!

スポンサードリンク