ひげそりの方法

理容室で剃ってもらう

ひげを綺麗に剃りたいという場合には理容室で顔剃りをしてもらうのが一番です。理容室では専用のかみそりを使用して剃ってもらえるのですが、T字かみそりよりもしっかり剃れるのです。

しかも、深剃りも皮膚をあまり傷つけずに剃ってくれますので、剃り心地は文句が無いです。また、理容室ではしっかりしたケアのもとひげ剃りをおこないますので、痛みも少なく心地よくなってきてストレス解消にもなるのです。

T字かみそりやシェーバーではひげは綺麗に剃れても、額や目の下などの産毛までは綺麗に剃れません。また眉毛を整えるのも難しいです。ですが理容室では専用のかみそりですので細かいところまで剃ってくれます。理容の法律では耳の毛などは剃ってはいけない事にはなっているのですが、依頼をすれば耳毛まで綺麗にしてくれます。

理容室でひげを剃る場合には、やってもらうのだから何も考えなくてもいいというわけではありません。理容室ではかみそりで剃るため、少なからず皮膚は傷んでしまいます。特に深剃りをしてもらいたいという人は剃った後ヒリヒリしてしまうこともあります。それを避けるために、理容室に行くという場合には、その日の朝はかみそりでひげ剃りはしないで伺うのが理想です。

朝剃って傷んでしまった肌を理容室でまたかみそりで剃ることでより肌の損傷度が激しくなるのです。できれば前日の夜に剃るか、理容室に行く朝は傷みの少ないシェーバーを使用するといいです。 また、もしかみそりで剃ってきて損傷が気になるという人は、『軽く剃ってください』と申し出れば深剃りはせずに顔剃りをしてくれるのです。

スポンサードリンク