ひげそりの方法

シェーバーで剃る

ひげ剃りの方法には電気シェーバーを使うという方法があります。これはかみそりに比べどこでも簡単に使用できますので時間がない人には向いています。しかも、ひげを濡らす必要もないため、使用する手順も少なくて済みます。

シェーバーをつかってひげを剃る時には、ほとんどの場合そのまま使用しても構いません。ですが、少しでも肌の損傷を防ぎたいという人はシェーバー専用のローションもありますので、そちらを利用するとなおいいです。

ですが、専用のローションではなく他のローションを使用するとシェーバー本体の故障に繋がる場合もありますので、必ずシェーバー専用ローションを使用することです。 かみそりの場合は、ひげの流れに逆らって剃る(逆剃り)と皮膚を傷つけてしまい血が出てきてしまう事がありますので、避けなければいけませんが、シェーバーの場合にはその逆でひげの流れに逆らって剃るといいです。

ひげの流れに沿って剃ってしまうと剃り残しの原因となります。また、しっかり剃ろうとシェーバーを肌に強く押し付けて使用する人もいますが、強く押し付けすぎてしまう事でひげも押しつぶされてしまい、より剃れなくなってしまう事もありますし、皮膚を傷つけてしまう原因にもなります。

シェーバーでのひげ剃りが終わったらそのままという人が多いですが、剃ったひげが肌に吸着してしまう事もありますので、洗顔するといいです。またそのあとにはアフターシェービングローションもつけるといいです。かみそりほどではないにそろ、少なからず皮脂を取り除いてしまいますので、それを補う事が肌を守るために重要です。

スポンサードリンク