ひげ&ひげ剃りの基礎知識

ドライシェービングとは

ひげ剃りの方法にはドライシェービングという方法があります。 これはその名の通り、乾いた状態でひげを剃るという方法になります。一般的に電気かみそり、シェーバーを使用する場合を言います。

ドライシェービングのメリットは、時間のない時に手軽にできるということや、ひげを濡らさずにできるので、ちょっとした合間にもできるということがあります。よく通勤時に車を運転しながらひげを剃っている人を見かけますが、それもドライシェービングだからこそできることと言えます。ですが、安全性を考えても走行中のドライシェービングは避けるべきで、信号待ちなどにするのが望ましいです。

また、メリットとして皮膚に負担が少ないですので、血が出るということもないですし、皮膚の弱い人、かみそりまけをする人などには向いています。 ですが、ドライシェービングにもデメリットがあります。

ドライシェービングは、ウエットシェービングのように剃るという感覚ではなく、草刈りのように刈るという感覚ですので、剃ったあとがジョリジョリしてあまり深く剃れないというところがあります。最近のシェーバーはかなり高性能となっており、深剃りもできるようにはなっていますが、それでもかみそりほどではないのです。しかもシェーバーを購入しなければならないというのもデメリットといえます。シェーバーにもピンからキリまでありますが、安いものでも5000円程度のものから高いものでは数万円かかるものもあります。

ウエットシェービングのような剃った後の爽快感がないというのもドライシェービングのデメリットといえます。 また、ひげが薄い人やひげが伸びすぎているとシェーバーの網に入らないため、剃れないという場合もあります。

スポンサードリンク