ひげが濃くなる原因

男性ホルモン

ひげが濃くなってしまう原因として遺伝という要素が強いのですが、細かく言うと男性ホルモンが多く分泌するということが遺伝すると言えるのです。ということからも、男性ホルモンが多いとひげが濃くなってしまうということがいえます。

ひげが濃くなってくるのは、男性ホルモンの分泌が活発化してくる頃からとなりますので、思春期からひげが濃くなってきます。思春期といっても個人差があり、早い人で中学校の終わりころからひげが濃くなってくる人もいれば、20歳を過ぎてから濃くなり始めるという人もいます。

男性ホルモンだからといって女性には関係が無いというそうではありません。実は女性も微量ではありますが副腎皮質から男性ホルモンが分泌されているのです。そのため、閉経を迎え女性ホルモンが少なくなってくると男性ホルモンの影響を受けてひげが濃くなるという女性もいるのです。とはいっても男性のように密集した太く硬いひげになるのではなく、産毛が少し太くなり黒くなった程度なのです。

男性ホルモンの分泌は遺伝だけでなく、生活習慣によっても分泌量が増える場合もあります。生活習慣を改める事でひげが濃くなるのをある程度改善できる可能性もあるのです。 実はその男性ホルモンを抑制すれば、ひげは薄くなるのです。AGA(男性型脱毛症)の薬として用いられているものには男性ホルモンを抑制するものがあります。そういったものを使用すると、抜け毛が減るだけでなくひげも薄くなる可能性はあります。

ですが、その反面、こういった薬だけでなく女性ホルモンを注射するとひげが薄くなる代わりに身体が女性化してくる可能性もあり、身体が丸くなったり、男性機能が弱くなったりするのです。 男性ホルモンを操作する事でひげを薄くすることはできますが、副作用がありますのであまりおすすめできないです。

スポンサードリンク