ひげが濃くなる原因

遺伝

ひげが濃くなる原因として、やはり遺伝という要素が強いと言えます。実際に父親がひげの濃い人は、自分もひげが濃くなる可能性が高いです。

よく、ひげを剃るとひげが濃くなる、産毛を剃ると濃くならないというような、こういう事をすると濃くなるという説がいろいろあるのですが、ひげの濃さというのはもともと遺伝で決まっていますので関係ないというのがほとんどです。

遺伝といっても、細かく言うと男性ホルモンの分泌が多いという遺伝がひげを濃くしてしまう原因でもあります。そのため、ひげが濃いという遺伝の人は、それと同時に頭髪が薄くなったり、体毛が濃くなったりするものです。 もし、自分のお父さんはひげがあまり濃くないという場合、自分も濃くならないというとそうとは限らないのです。遺伝には直接父から子へ受け継がれる遺伝だけでなく、祖父から孫へと受け継がれる隔世遺伝という要素もありますので、お父さんが濃くなくても、お祖父さんがひげが濃いとそちらの遺伝子を受け継いでしまう可能性もあります。

また、ひげが濃くなるのは思春期の頃からで、高校生を過ぎたあたりから徐々に濃くなり、30歳前後までにひげの濃さはある程度落ち着いてくるようです。ということから30代後半から40代になり、未だにひげが濃くないという人は、薄いひげのままということになるようです。

遺伝の要素が強いとはいえ、ストレスや生活習慣などでも男性ホルモンの分泌が増加する事もありますので、そういった要素を排除すればある程度ひげの濃さを軽減できる可能性もあります。 ひげが濃いからといって悩むのではなく、毎日の手入れやひげを活かすなどいろいろ方法がありますので、それほど悩むほどのことではないです。

スポンサードリンク