ひげ剃りの種類

シェーバー

最近は技術が進歩してきてかみそりではなく、電動のひげ剃りシェーバーが発売されています。

シェーバーの利点は何といっても手軽さです。かみそりはひげを柔らかくして剃らなければいけませんので、なかなか出先などで剃るということがしにくいです。ですがシェーバーの場合はどこでもすぐにひげ剃りができるので、朝時間のない人やひげがとても濃くて1日に何回も剃らなければいけないという人には最適です。また、かみそりのように皮膚を傷つけてしまう事もなく、かみそりまけをすることもなく、誰でも簡単に使う事が出来ます。

シェーバーの欠点というと、かみそりのように深剃りをすることができないということです。そのため、ひげが濃くて伸びやすいという人は、朝にシェーバーで剃っても午後になると、ひげが気になり始める人もいるのです。とはいうものの、最近のシェーバーも進歩しており、かなり深いところまで剃ることができるようになっています。

また、シェーバーはどのひげにもあうというわけではないのです。ひげが硬く太い人にはいいのですが、ひげが薄く産毛程度の人やひげが伸び過ぎている人はシェーバーの網目にひげが入ってきませんので、いくらやっても剃れないのです。シェーバーは網目が壊れてくれば取り替えるということがありますが、ほとんどの場合はそのまま使用し続けますので、網目部分に細菌が発生しやすくなっています。

また、ひげを剃るとひげとともに皮脂までとってしまいますので刃の部分に皮脂がついて劣化しやすくなってしまいます。そのため、こまめに手入れが必要になるのです。最新のシェーバーでは、水洗いができるシェーバーもあります。

スポンサードリンク