肌荒れ対策

シェービングフォーム・ジェルを塗る

ひげ剃りの1番の問題点は剃り終わった後の肌荒れにあると言えます。特にかみそりで剃る場合には、肌を傷つけてしまいがちですので注意が必要です。

肌荒れを防止するためには、まず剃る前にシェービングフォームやジェル等をしっかり塗布することです。シェービングフォームやジェルを塗る一番の目的は、ひげを柔らかくするということです。また、肌の汚れを綺麗に浮き上がらせる効果もあります。

シェービングフォームは、理容室でおこなう顔剃りのように泡をつけてひげを柔らかくする効果が高く、ひげを剃りやすくします。ですが、泡をつけてしまうとひげが見えなくなりますので、ひげの流れなどをしっかり分かった上でおこなうことが大切です。また、イボや傷がある場合にも誤ってそこを切ってしまう可能性もありますので、そういった場所には泡はつけないほうがいいです。

最近使用する人が多くなってきたのがシェービングジェルです。ジェルは半透明のため、ひげの流れ、イボ、傷などが確認出来ますので、逆剃りや切ってしまうという危険性は少ないです。 フォームやジェルを使ってひげ剃りをする場合には、剃り終わった後にしっかりと洗顔をして肌に付着したフォームやジェルをしっかり洗い流すことが大切です。

見た目には残ってないように見えても、見えないところなどに残っていたりするものです。洗い残しは皮膚が炎症を起こしてしまう原因にもなります。また、同じようにかみそりも洗っておかないと切れ味がすぐに悪くなってしまいます。

スポンサードリンク