肌荒れ対策

ひげを柔らかくする

ひげ剃りをする場合に、重要なポイントはひげを柔らかくすることです。ひげが硬いままですとかみそりが引っかかって痛くなるだけでなく、それにより肌も傷つけてしまう事になります。

ひげを柔らかくする方法として、一つはシェービングフォームやジェルなどをつけることです。フォームやジェルにはひげを軟化させる効果もありますので、剃る前には必ずつけたほうがいいです。またシェーバーを使うという場合にも専用のシェービングローションがありますので、そういったものを使用することです。

ひげを柔らかくするもう一つの方法は、タオルなどで蒸すというやり方です。ひげは水分を含んだり温めたりする事で柔らかくなります。理容室などで顔剃りをする場合に蒸しタオルを乗せるのはそのためなのです。

もちろん、理容室のように蒸し器などはありませんので、熱いタオルでひげを覆うだけでいいです。熱いタオルで1~2分ひげに乗せておくだけでかなりひげが柔らかくなります。特にひげの濃い人はフォームやジェルをつけてからその上にタオルを乗せるとより効果がアップします。その後またフォームやジェルをつけて剃り始めるのがいいです。

こういった方法は、ひげを柔らかくする効果だけでなく、肌にも潤いを持たせることにもなりますので、肌への損傷も少なく済むのです。それだけでなく、硬いひげを剃るよりも柔らかいひげを剃った方が、かみそりの切れ味も持続できますので、経済的にもいいのです。特に寒い冬などはひげが硬く、肌もガサガサしてしまいますので、ひげ剃りの際には重要なポイントとなります。

スポンサードリンク