肌荒れ対策

深剃りをしない

肌荒れ対策にはひげ剃りの方法も関係をしてきます。 ひげを剃る場合、すぐにのびてこないようにしっかりと深剃りをするという人が多いですが、深剃りをすることで少なからず肌を傷つけてしまします。目には見えなくても、細かい傷が肌についてしまいます。

その細かい傷にシェービングフォームなどの成分が残ってしまったり、傷があるまま生活をしているとそこから細菌などが吸着したりして、炎症・肌荒れの原因となってしまうのです。

ひげにも生えている方向があり、生えている方向に向かって剃ることを順剃り(じゅんぞり)、生えている方向とは逆に向かってそることを逆剃り(さかぞり)といいます。逆剃りをするとひげが生えてくるところの皮膚も一緒に剃ってしまう事にもなります。そうすると、血が吹き出てしまい治りも悪くなりますし、次の日にまたひげを剃ろうと思っても痛くて剃れないという状態になってしまうのです。

かみそりでひげを剃るという場合には逆剃りはせず、順剃り、もしくは少し斜めから剃ると肌の損傷度は違ってきます。 どうしても、しっかり剃りたいという人は、ひげ剃りの前にひげと皮膚に潤いを持たせ柔らかくしてから、剃ることが大切です。また剃る場合には生えている方向とは逆に皮膚を引っ張ってひげを立ち上がらせることです。そうすると、深剃りに近いくらいひげを剃ることができます。

ですが、理想は肌に傷をつけないためにも深剃りはやめ、軽くひげ剃りをすることが大切です。もし理容室でひげを剃るという場合には、しっかりとひげを蒸して皮膚を引っ張って剃ってくれますから損傷度は少ないのですが、肌荒れをしやすい人などはそれでも軽く剃ってもらうといいです。

スポンサードリンク