肌荒れ対策

アフターケア

ひげ剃りをした際の肌荒れ対策として剃った後のアフターケアがとても大切です。 アフターケアには、まずシェービングフォームやシェービングジェルをしっかり洗い流すことです。ひげ剃りをすると、少なからず肌は傷付けてしまうのは間違いのないことです。

たとえ血がでていなかったりしても、正確には見えない傷はついているものなのです。その状態で石鹸が残っているとそこから炎症を起こしてしまう事にもなります。 また、ひげ剃りをするとひげだけでなく肌に潤いを持たせる皮脂も一緒に取り除いてしまいます。

また洗顔をすることでも皮脂を洗い流してしまいますので、ひげ剃り・洗顔をした後というのは、肌はガサガサで干上がった田んぼや畑と同じような状態になっているのです。そのためひげ剃りの後にはアフターシェービングローションやクリームなどで失った潤いを補う事が大切になります。

もし、アフターシェービングローションやクリームをつけていつもヒリヒリする、しみるという人は肌が弱い、あるいはひげ剃りで傷付けてしまいがちの人ですので、特にひげ剃りの方法には気をつけることです。 自分が乾燥肌だという人は、皮脂の分泌が悪いということですのでひげを剃った直前だけでなく、少し時間をおいてからもアフターシェービングローションやクリームを2度付けすることもいいです。

また、ひげ剃りの後は誰でも敏感肌になるため、つけるものによっては逆に肌荒れを起こしてしまう可能性もありますので、どの商品が自分に合うのかを見極めることも大切です。

スポンサードリンク