ひげ剃りに関する噂

ひげを剃ると青くなる

ひげを剃ると剃った痕が青くなると言われています。この説は、個人差があり青くなる人もいるというのが本当のところです。ですが、これはひげの濃さ、太さ、肌の色、剃り方が関係をしています。

実際には、青くなるのではなく青く見えるというのが正しい言い方です。本来、ひげは黒色がほとんどで、あるとすれば黒色から少し色素が抜けた茶色や白髪の白色くらいのものです。それが青く見える理由は、ひげは皮膚の下にある毛根から出て来るのですが、それが剃った後皮膚を透けて見えるため青く見えるためと言われています。

またひげが太く密集しているとひげの1本1本の間が狭く、肌の色と同化して青く見えることもあります。そのため、肌が白い人程ひげを剃ると青く見える傾向にあります。

ひげを剃ると青く見えるという人は、かみそりではなくシェーバーを使う人に多いようです。その理由として、シェーバーはかみそりよりも深剃りできないからです。そうする事でひげが残ってしまいより青く見えます。しっかり深剃りできれば、皮膚の表面に出てくるひげが少なくなりますので青くなるのを軽減できます。

青くなるひげが嫌だという人は、かみそりで深剃りをする他に、ひげを脱毛すると青くなるのをなくすことができます。また、肌が白いと青く見えてしまいますので、日焼けなどをして肌の色を変えるというのも青ひげ対策には望ましいです。ですが、深剃り、脱毛、日焼けなどは肌にとっていいものではありませんので、特に肌が白い人などは敏感肌の人が多いですので、肌荒れなどには十分に注意が必要です。

スポンサードリンク